【食べある紀行】東京担々麺本舗ゴマ屋

鮪亭主人が実際に食べ歩いたお店を紹介します。
2020年5月現在、コロナウイルスの影響で営業時間などが違っている可能性があります。

【食べある紀行】東京担々麺本舗ゴマ屋
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13041983/
東京都江東区永代2-31-5
東京メトロ門前仲町駅3番出口徒歩3分
03-3630-0250

営業時間[月~金] 11:00~14:30、17:30~22:00 [土] 11:00~20:00
日曜・祝日定休

食べたメニュー(値段は税込)
ゴマ屋の餃子      450円
担担麺         850円
太肉担担麺      1100円
ほかほか煮込み玉子    50円
他、排骨担担麺、酸辣湯、らーめんもあり。替え玉1玉100円半玉50円。半そば50円引。

 平日、仕事帰りにとても台湾なにおいのするラーメン屋を発見した。香ばしいにおいにひかれて店をのぞくとオシャレなカウンターで囲まれた店内は満席。これは入るのにタイミングが必要だと思い、何回かトライすることに。
IMG_1756s.jpg(お店の外観)
 何日か後、店内に空席があることを見つけていざ入店。担担麺が看板メニューだからやはり担担麺と、そして夜営業だけ限定の餃子があるので、餃子を頼むことにした。
 注文するとお冷としてお茶と、あとカウンターでずっと煮ている煮卵を1つ差し出された。何時間煮たのかわからない煮卵は中まで味が染みていて、とても美味しい。というか、これは台湾のコンビニでよく見かける煮卵なのでは?それで台湾なにおいがしていたのか。
IMG_2246.jpg
 担担麺はにらいっぱい、ごまいっぱいでとてもおいしい。特にゴマの風味がきいていて、これはクセになる。リピート客が多そうだ。
IMG_2250.jpg
 餃子は中くらいのサイズのものが5つ。表面がカリっと焼かれていていい色合い。担担麺のあとに食べたら舌がマヒしていて味がよくわからず、別の日に先に餃子を焼いてもらうことで味を確認した。餃子はにらがいっぱいはいっていておいしい。このお店は夜は飲んだりできるので、それのおつまみ用としてはいいかもしれない。
IMG_2248.jpg(5個450円の焼き餃子)
IMG_1754.jpg(にらたっぷりの餃子あん)
 別の日に、とても肉が食べたくて太肉担担麺を注文した。チャーシューはとても大きいが、想像していたよりも歯ごたえがあり、食べがいがあった。
IMG_2366.jpg

 1月末でその仕事は終了していかなくなってしまったが、あの辺にもう一度いったら食べてみたくなる担担麺だ。
(2019年12月~2020年1月取材)
※私は辛いモノは苦手です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント