ELISA台湾ライブ応援ツアー に参加してきました

そうだ!ELISAと台湾に行こう!~ELISA台湾ライブ応援ツアー~
2泊3日のツアーに参加してきました。台湾行ったこといっぱいあるけど、ツアー参加はじめてだよ!
http://kk-kanko.com/elisa2018taipei/

この記事では2日目のELISAさんと観光する部分だけにスポットあてて書いています。
ライブそのものは別記事にて紹介しています。
また、Togetterにもまとめています。
そうだ!ELISAと台湾へ行こう!~ELISA台湾ライブ応援ツアー~まとめ


観光ルートは忠烈祠→龍山寺→中正記念堂。
昼食会は康華大飯店 Golden China Hotelです。

※以降、散文なので、あまりちゃんと読み物として成り立っていないかも。

現地時刻9:30に貸切バス内でELISAさん登場を待機。バス後方からやってくるELISAさん、マネさん、係員さんの3名を確認。
ELISAさんがバスの中に入ってくるととてもいいにおいがバスの中に。ELISAさんは進行方向向かって右側に座りました。
昨晩のライブの疲れからか、どうやらギリギリまで寝ていたらしく「顔薄くない?」「おなかすいた」という発言をするELISAさん。今日はバスツアーガイド風というコンセプトで、黒一色で統一した上で黒タイツという格好です。なお、伊達眼鏡にはレンズははいっていないので、「目をかきやすいよ」とかいてみるアクションをしていました。

今朝のELISAさん、ギリギリに起床しすぎて朝ごはん食べれず。本人曰く「顔薄いかな?」伊達眼鏡にはレンズ入っていません。「目をかくのに便利だよ」とのこと。

 今日のELISAさんがつけていたネームプレートは昨晩プレゼントしたアイテムでした。
ライブ後のオタク飲み会でそれぞれの名前がわかりやすいほうがいいだろうと思い名札を用意したのですが、Pテロさんに「ELISAのがないよ」というツッコミを貰ったので、なんとなく作成し、我が家に在庫があった名札入れにいれてライブ会場でプレゼントしたアイテムなのでした。
comaguro:2018年10月21日(日)19時26分 今日のELISAさんがつけていたネームプレートは昨晩プレゼントしたアイテムでした。#ELISA_TW #ELISA台湾 https://t.co/JyWRlFanmG

 さすがに観光地でのELISA本人を撮影する行為は禁止事項に。残念←
 そのかわりマネさんがめいっぱいELISAを撮影していた。この写真はツアー参加者向けに、後日販売対象になるとのこと。
 ツーショット券は最初の観光地で使用。誰も撮影の手をあげないので早速つかってみた。その割に腰がひけているワタクシ。

忠烈祠にて

 衛兵の交代式を見る人だかりの後方で「みえないー」といいつつぴょんぴょん推しジャンするELISAさんがかわいすぎる。スマホ高く掲げてカメラ経由ならみれるんじゃないですか?との提案に早速やってみて「みれたみれたー」という姿もかわいすぎる。天使か!?天使だな?
 しかし、衛兵の進行を撮影しつつ左脇あたりに推しがいるのってすっごく不自然なかんじが。衛兵よりも推しが気になるのに、撮影NGだからなんとなく衛兵を一緒に撮影するという、本当に謎の世界。

 2者面談に際しては、メモ用紙にいろんな質問を10個ほど用意してから臨む。質問がないと天使のペースに巻き込まれるとおもったからである。
 最初の質問は、次に国内でイベントがあるかどうか。「んー何も決まっていないんだよね。」という返事でした。熱心にウォッチします!←
 二つ目の質問は最近「ELISAはオレの嫁」を言わせなくなったのは何故か?を確認。かわされるかと思いきや結構真剣な顔つきで語り始めるELISA。「だって『オレの嫁』って事は誰か一人のモノになるわけじゃない?でもELISAはみんなのモノだから。あ、結婚はしていないよ?」2017年にしていると思っていたのに!←

ELISA2者面談
こまぐろ「最近『オレの嫁!』を言わせなくなったのは何故ですか?」
ELISA「『オレの嫁』って一人のモノじゃない?でもELISAはみんなのモノだし、何か違うかな?と思って。あ、結婚はしてないよ」
哲学だった! #ELISA_TW #ELISA台湾

 三つ目の質問はイヤホン(Bose SoundSports Free wireless headphones)何回なくしたんですか?という話。Bossの無線イヤホンをどうやら3回もなくしたらしい。この前リリイベの時に差し上げたイヤホンは?と聞くと「使い方がよくわからない」との事。「マニュアルかいておくります!」という約束をして時間ぎれに。
 あとでFacebookみたら、渡したイヤホン首からかけてるわ・・・。あ、マニュアルつくらなきゃ←

 龍山寺は人が多くて、忠烈同みたいなフリーダムさはない。
通訳のガイドさんの案内を聞きながら線香に注意しつつ建物を見物する(無料)。
赤い糸のおみくじのばしょに来る。そこでタイから台湾に観光にきてELISAさんを知っているという観光客と出会い、携帯電話でツーショットを撮影するELISAさん。(この人サーチできていない)さすがの神対応。たまたま観光にきた海外で、知っているアーティストと偶然に出会うととかどんなレア確率なんだろうか?
赤い糸のおみくじの解説を聞く。既に結婚している人や相手がいる人はもちろん占えないとの事で、占ってもらっている人達はほぼ参加者の男性であった。そしてELISAさんも占ってもらわず。先ほどの2者面談?で「結婚はしていないよ」との事だったが、どうしたんだろうと思った。そばにいたあらをから聞いた話によると「ELISAはみんなのモノだから、一人の人と縁があるわけには~」とかボソボソ言っていたらしい。え?そのストーリーはここでも有効なの?

 バスでの移動中に、発言券を使用して、「昨日の台湾のライブの感想はどうでしたか?」という質問を行う。本人としても好感触であり、弾き語りをして詰まってしまったところで会場のみんなが一緒に歌ってくれたことに感動を覚えたとのこと。また機会があれば台湾に来て歌いたいとの事を話していた。
 昨晩ぴえろちゃんから聞いた感想を元に以下の話をすると、一所懸命天然キャラではないことを主張するELISA。いやそこが天然だろう?!
twitter発言

 こまぐろ「台湾の人がELISAさんはあんなに美しくて歌も上手いのに天然でかわいいと言ってました」
 ELISA「天然じゃないよ!」
 マネさん「天然です」 #ELISA_TW #ELISA台湾

 龍山寺のトイレで用を済ませて外にでると、可愛い悲鳴が。みると外の洗い場で水の出しすぎか何かでELISAさんが服の前面に水がかかってしまったようだ。
 あわてて手持ちのタオルを差し出す。マネさんがファンの人のモノを無暗に使用するなみたいな注意をすると「だってこれELISAグッズだからELISAのタオルだもん」(10周年記念のタオルでした)という謎理論を展開していた。このタオルはちゃんと洗濯したのでご安心を?←

 トイレからバスの待機場所まで戻る途中、何故か私とELISAさんとが横並びで、今日は晴れてよかったですね、とか台湾観光たのしいですね、といったありふれた会話をした。特にファンと演者という気負った会話ではなく、知り合い同士の会話みたいに至極自然な内容に。何を話したか詳しく思い出せない位たわいもない会話だったけれど、きっとこういう事が一番したかったんじゃないかなと思う。

twitter発言

comaguro:2018年10月23日(火)16時5分
龍山寺の観光を終えてバスに戻る時にELISAさんと何気ない会話をした事を思い出すたびに、胸が熱くなるから、きっとどうかなっちゃったんだと思う。

 食事会はテーブルは別だけど、一緒に同じメニューをたべる形。GoldenChinaさすがにご飯おいしい。
途中ゲームとかツアーフラグ争奪戦とか色々あったけど、ご飯口にいっぱいほうばったままでファンの席にくるのは全員で制止した!←みんな保護者かよ

Bose SoundSports Free wireless headphones が回答だったとき、楽しそうに音楽を聴くフリをする姿がかわいかった!

そしてできる事ならばグローブ座で公演をやりたいという話をしていました。
それは2011年10月にできなかった場所。

食事とツアー参加者それぞれと写真を撮影をした彼女は、マネさんと一緒にタクシーで足早に松山空港に向かいました。帰りは松山空港だったようです。

14:20頃イベントは終了しました。5時間フルイベント。


参加するまで演者と観光とかバーベキューとかどうなの?実際と思っていましたが、イチ推しの人のイベントに参加することによって考え方を改めました。開催してくれることを決断した各方面には感謝です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック