ELISA Live 2016 “ANICHRO” みてきました

先にまとめたTogetterはコチラ
ELISA Live 2016 “ANICHRO”~感想まとめ

去る2016年6月25日(土)に代官山LOOPで行われた、ELISAさんのライブ・ELISA Live 2016 “ANICHRO”をみてきました。今回チケットが先着先行ということで時報とともに購入したらとてもよい番号(2~5)をいただいたので、最前(さいまえ)でhshsする気で参加しました。

今回はミニアルバム「ANICHRO」を冠している(かんしている)ライブということで、そのアルバム曲と追加で何かを歌うのであろうとは思っていたのですが、新しいカバー曲とかは特になく、むしろ過去のELISAさんのシングルほぼ全盛りという、古いファンも「それが聞きたかったんだよ!」という内容の熱いライブでした。

セットリストは熱いけれど、バラードもゆっくりめの曲もあり、際立った圧縮等もなく、はじめてELISAさんの単独ライブに来た人でも満足できる内容だったんだと思います。
もちろん私はめちゃくちゃ満足しました。途中何回涙で目がかすんだか、好きすぎて気持ち飛んでいったかわからない。公演は一度きりなのでセットリストわすれないようにメモっていましたが、傍から見ると、叫んでUO折った上で正気に戻ってメモをとるコワイ人だったに違いない。

ELISA ANICHROライブセットリスト

1.忘れない記憶は、キミの物語
2.Special One
3.Reminiscence
(MC)
4.君をのせて
5.プラチナ
6.ジョジョ〜その血の運命〜
(以降2曲着席)
7.秘密基地
8.愛・おぼえていますか
(MC)
9.そばにいるよ
10.REALISM
11.God Only Knows
12.集積回路の夢旅人
(MC)
13.Rain or Shine(新曲)
(MC)
14.Wonder Wind
15.SCALET WINGS
16.Real Force
17.プロフェシア・トリロジー
18.EONIAN

(アンコール)
AC1.euphoric field 〜ebullient future
(MC)
AC2.Dear My Friend
(MC)
AC3.ミレナリオ

10.REALISMと11.God Only Knowsの間に水飲もうとしていたけど忘れて歌い終わったときは喉がカラカラだったそうな。
最初の3曲はあまりメジャーではないので解説をいれてみる。
1.忘れない記憶は、キミの物語
 映画ハヤテのごとく挿入歌Invisible Messageのカップリング曲。ELISA作詞。
2.Special One
 とある科学の超電磁砲OVAのED。PVが若奥様風でとてもかわいい。途中で3拍子に変わる箇所がある。
3.Reminiscence
 3rdアルバムLaseiに収録されているオリジナル曲。作詞・作曲・編曲:dorikoさんで本人もお気に入りの一曲。

 ステージ衣装はANICHROのジャケット写真の衣装で髪は束ねていない状態。薄手の上着はなし。靴も例の30万のものではなかった。(黒いサンダル風)
 バンドがベースとリードギターとパーカッションの構成。パーカッションの人がかなりすごくて多彩な音色をパーカッションとMacで奏でていた。
 新曲のRain or Shineは1番はあえて歌詞がなく、2番目から歌詞がはいるスタイル。仮歌で「ラララ~」と歌って返したらアニメスタッフの方が「これはこれでいい味がでてる」ということで採用になったらしい。
 6.ジョジョ〜その血の運命〜と17.プロフェシア・トリロジーは実は初めて生ライブで歌う曲であった。
 ANICHROバージョンのジョジョは力強く歌いきっていた。
 7.秘密基地、8.愛・おぼえていますか の2曲だけ、イスに寄りかかり脚を組んでの歌唱であった。このときにちらりと見えたふとももがかなりよかった!!です!←
 秘密基地を歌っているときにちょっと詰まった感じになったのは、感極まって泣きそうになったからだとか。
 愛・おぼえていますか は色んな人がカバーしているけれど、きっとこのカバーが最強なんじゃないかと個人的におもっています。やはり天使の声で歌われるとすばらしいの一言に尽きる。 
 プロフェシア・トリロジーは鵬翼のプロフェシア~聖櫃のプロフェシア~深淵のプロフェシアの3曲をメドレーにしてつなげたものだが、鵬翼は1番のみだが他2曲はフルではいっているという8:46もある長い曲。長いと噂のGod Only Knows~集積回路の夢旅人が8:08+1:32なのでそれに匹敵するレベルの長さである。プロフェシア3部曲も活動再開後は一度も歌われたことがなく、歌わないのかな~まぁタイアップ優先だよね~という部分の曲であったため、鵬翼歌いおわったあとに「メドレーいくよーー!」の掛け声にどれだけの古くからいるELISAファンが興奮したか計り知れない。そして深淵のイントロが流れたときに、気がつくと頬を汗と涙が混じったものが流れていた。
 EONIANで「最後の曲です」と宣言されて、何もかも受け入れて納得している自分がいた。それだけ深淵からEONIANのつなぎが神がかっていたのだ。EONIANが流れた時に会場は楽園追放主人公のアンジェラ・バルザックさんを思い描いた緑色のサイリウムに染まった。

 止まらないELISAコールの中グッズの黒いANICHRO Tシャツと丈の短めのスカートで再登場したELISA。
アンコール一曲目は彼女の歌の歴史の最初になったeuphoric field からebullient futureに繋がる「ef」シリーズのOP2曲のメドレー。ここで折ってもらおうとUO配布したんだけれど、果たして夕闇に会場は染まったのであろうか?
(euphoric field日本語版に「夕闇せまる街の景色に」というフレーズがあるのです)
MCをはさんでからのDear My Friendは初期の名曲。中学時代の友人との5年後10年後はどうなってるかなというフレーズに年を取ると涙してしまうのですよ。
最後はミレナリオ。聞きたい人もいっぱいいるんじゃないかと思い最後にしたとの事ですが、ここで「10年先も100年先も」というコール&レスポンスが会場全体から響いてきて最後の曲として最高の仕上がりを見せた。

 今回のセットリストはELISAさん本人が歌いたい曲をピックアップして組み立てたそうなのですが、このセットリストは他ならぬELISAさんの歌ってきたアニソンの歴史になっていて、ファンが望んでいたカタチなんだと思いました。
 復帰直後の、自分の持ち歌を歌えないという状況ではまったくなく、生き生きとしかもかなり難度の高いセットリストをこなすELISAさんの今後の活躍に大変期待したい。

 ところで、Liaさんとの楽曲の「A Whole New World God Only Knows」はマダデスカ?(⊃д⊂)
画像




ANICHRO(初回生産限定盤A)(Blu-ray Disc付)
SME
ELISA

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ANICHRO(初回生産限定盤A)(Blu-ray Disc付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック