コズミック娘(ニャーーーン)の感想とか

餃子本の表紙つくるBGMとして届いたばかりのコズミック娘(ニャーーン)を流しながらみていました。

これは去年(2010年)の12月22日の武道館で行われたライブ映像をほぼまるごと収録したもの。
最初舞台仕立てだと思わずに参加して、体が温まらなかったのを覚えています。
もっとこう振り回されるのかと思ったら、違うんですよ。

声優3名が追加され、途中途中で物語を語ってくれて「10年後に誰かが欠ける」物語を語っています。
今はマクロス映画版の後編も販売されてネタバレいっぱい出ているのでそれも考えるとより深い内容になるかと。

ライブの見所は、前半のユニバーサルバニーからの射手座と、後半の放課後オーバーフロウのカッコイイ前奏や燃え上がるようなオベリスクあたりでしょうか。

アンコールで冬なのにまさかのギラギラサマー(^ω^)ノがいいのりで思わず踊ってしまいます。

なお、特典DVDでは神戸でのみ歌われたダイアモンドクレバスが収録されていて必聴です。
というか、もちろんこのライブは神戸が12月24日だったこともあって本番すぎました。
神がかっている方の映像がすくないのはお約束ですな。

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マクロスF 超時空スーパーライブ cosmic nyaan(コズミック娘) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック